VISIONCOUPEってめちゃくちゃ美しいのに市販まだなのか

マツダの車ってセクシーで美しくてデザイン最強なのですが、その中でも心をくすぐらせるのがVISIONCOUPEっていうコンセプトカー。

これカッコ良すぎませんか?

マツダ3セダンもこれに似ていい感じだけど、全長が長いVISIONCOUPEはとにかくゴージャスでベンツにも負けない高級感や芸術性を感じさせられます。

いずれは市販化されるって期待されてるけど、これ発表されたのも約3年前なんよなぁ。

次のアテンザがこのデザインになるとか言われてるけど、どうやらアテンザの全面リニューアルの時期が当初の予定よりも遅れてるのだとか。

その理由は新しいプラットフォームの関係っぽいけど、早く市販モデルが見てみたいよ。

去年アテンザがマツダ6に変わったときは正直驚いたね。

リニューアルしてから名前が変わると思ってたから、このタイミングで変わるんだって。

もしかしたら全面リニューアルまでの間にもう一回マイチェン入るみたいな話も聞くから、まあそらそうだよねって思う。

ただ、2018年にデザインをあそこまで大きく変えたこと考えるとまた今の型のデザインを大幅に変えるとも思えない。

そう考えるとマイチェンのマツダ6の改善ポイントは先進機能とかの内容面なのかなって。

となるとVISIONCOUPEのデザインはやっぱり次のモデルが出るまで待たないといけないんだろうなぁ。

それはいいだけど、気になるのはみんなにあきられないかということ。

VISION COUPEのデザインは、マツダ3とかにも反映されてるからそれほど目新しいものではなくなってきている。

それが後2~3経っての市販化となれば、果たして目新しさがあるのかどうか。

マツダもその辺りは考えているだろうし、もしかすると市販化されたVISIONCOUPEはさらなるかっこいいデザインになるかもしれないね。

次のマツダ6ってFRになるみたいだし、どこまで価格上昇されるのか気になる。

今のマツダ以上に高級感があってFRになり、装備もより充実されるとなるとクラウンとかの高級車もライバルの射程に入ってきたりするのかな。

そう考えるとかなり楽しみだなって思ってます。

VISION COUPEが市販化される頃には次のCX-5とかも出てそうだし、マツダのデザインの進化がどうなっているのかワクワクします。

さらなる後のマツダのデザインは今の鼓動デザインを継承したものとなるのか、それともまた別の路線に行くのかなとか考えるのも楽しいですよね。

まずはVISION COUPEの市販型がどのような形で登場することになるのか。

今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です